24歳女性会社員の神待ち体験告白

私たちはまだ中学生だった。特にその男の子が好きだったけではなかった。
でも私たちはお互いに周囲に溶け込むことができない二人だった。
芸能人の話なんて興味がなかったし、スポーツなんてしたくもなかった。プラトニックラブを自慢する女の子たちもまったく好きになれなかった。
男女の違いはあったけれど、彼も同じようなものだったと思う。その頃の男子の話をじっくりと聞いたことがなかったので、わからないけど、
「おれ、あいつとどこまでやった」みたいな話ばっかりしてたんじゃないかな、推測するに。
でも私たちは違った。初めて見たときから同士だと思っていた。
ボーイフレンドにしたいとは思わなかったし、たぶんあっちもそうだと思う。
いろんな話をした。自分のこと、それから自分の性について。
時々抑えられなく時があるってこと。彼になら言えた。当時中学生だったのに、とても穏やかな人だったから。
まるで悟りを開いたような。
ある日私は彼に提案した。「神待ち」を始めてみないかと。
彼は苦笑したけど、その実験に賛同してくれた。
私たちはすぐに裸で抱き合うだろう。だけどそれは、恋愛ごっこではないのだ。
性への興味と、心と体の実験。
私たちが肉体関係を持った後、私たちはどうなってしまうんだろう。そこからどんな感情が生まれるのか、私は知りたかった。
私たちは神待ちを始めてみた。大人たちがするように、ただ抱き合って、その時間を過ごしてみた。
私たちは大人だった。彼は私の同士だった。
いつの間にか私は彼と会う機会が減った。違う男の子と出会い、恋をした。そして同じように裸で抱き合った。
そして彼が私を見る目を見て、やっと気がついた。私が始めて寝た男の子。彼もまた私のことが好きだったのだと。
神待ち」それは私たちにとって、大人になる階段だった。
私たちはまだ中学生だった。特にその男の子が好きだったけではなかった。でも私たちはお互いに周囲に溶け込むことができない二人だった。芸能人の話なんて興味がなかったし、スポーツなんてしたくもなかった。プラトニックラブを自慢する女の子たちもまったく好きになれなかった。男女の違いはあったけれど、彼も同じようなものだったと思う。その頃の男子の話をじっくりと聞いたことがなかったので、わからないけど、「おれ、あいつとどこまでやった」みたいな話ばっかりしてたんじゃないかな、推測するに。でも私たちは違った。初めて見たときから同士だと思っていた。ボーイフレンドにしたいとは思わなかったし、たぶんあっちもそうだと思う。いろんな話をした。自分のこと、それから自分の性について。時々抑えられなく時があるってこと。彼になら言えた。当時中学生だったのに、とても穏やかな人だったから。まるで悟りを開いたような。ある日私は彼に提案した。「神待ち」を始めてみないかと。彼は苦笑したけど、その実験に賛同してくれた。私たちはすぐに裸で抱き合うだろう。だけどそれは、恋愛ごっこではないのだ。性への興味と、心と体の実験。私たちが肉体関係を持った後、私たちはどうなってしまうんだろう。そこからどんな感情が生まれるのか、私は知りたかった。私たちは神待ちを始めてみた。大人たちがするように、ただ抱き合って、その時間を過ごしてみた。私たちは大人だった。彼は私の同士だった。いつの間にか私は彼と会う機会が減った。違う男の子と出会い、恋をした。そして同じように裸で抱き合った。そして彼が私を見る目を見て、やっと気がついた。私が始めて寝た男の子。彼もまた私のことが好きだったのだと。「神待ち」それは私たちにとって、大人になる階段だった。

This entry was posted in 女性の神待ち体験談. Bookmark the permalink.

Comments are closed.