46歳独身男性会社員の神待ち体験告白

私はついていた。
仕事でも望外の昇進と大きな昇給があり、また、海外赴任が決まった親戚の高級マンションにただ同然で住むことになって、都内一等地での生活を始めたばかりだった。
新しく巨乳の彼女もできたところで、ラブラブの状態だった。
その彼女が初めて私のその目黒のマンションに泊まりに来て、土日を一緒に過ごした、その翌々日のこと。
飲み会で遅くなり目黒駅に降りたのは12時を過ぎていた。
私は駅のトイレで小用を済ませ、改札を出て3分ほど歩いたところの大きな交差点にあるコンビニに立ち寄った。
タバコを買うためである。
そのコンビニに入る前少し手前の位置から、その少女の存在に気づいていた。
彼女は入口の外側にじっと立っていた。
私が入口の扉をくぐる時にはっきりと目と目が会った。
黒目の輝きが印象的な美少女だ。
私が人生の高潮期にいたからなのか、私は自分でそれと意識することもなく、十分に魅力的に映る笑顔を作っていたのだった。
彼女の緊張していた頬が自然にほころび、目にも笑顔が浸食を始めた。
ほんの数秒、私たちは見つめあったのだろう。

私は店内に入り予定通りレジでタバコを求めた。
入口に目を向けると、彼女は同じ位置に立ってこちらを見つめていた。
私の心は騒ぎ始めた。
男とは何と身勝手な生き物なのか。
出来立てラブラブののセクシーな彼女がいるのに、その少女とのセックスを夢想していた。
しかし、わたしから声を掛けることはできなかった。
「お・じ・さ・ん」という一音づつ発する言葉が通り過ぎる私の背中に投げかけられた。
私たちはコンビニ横の深夜喫茶に場所を移した。
その当時「神待ち」と言う言葉はなったと思うが、彼女が私に語ったことは、まさにその「神待ち」のシチュエーションだった。
巨乳の彼女は仕事でその日から四日ほど東京を離れることになっている。
やはり、私はついてる、と思った。
もちろん、私は少女を泊めることにした。

彼女は高校2年で、近県の自宅からのいわばプチ家出のような状況だった。
頼りにしていた東京の友人の都合が悪くなった、というような事情。
もし、私が若くして子供を作っていれば自分の娘と言ってもいいような年頃の少女であったが、その夜、私はためらうことなく彼女を身体を抱いた。
私が彼女にとって神の立場であったのかどうか、わからないが、私は彼女の細くしなやかな肢体を抱きながら、こんな素晴らしい偶然を与えてくれた神様に心からの感謝を捧げていた。

私はついていた。 仕事でも望外の昇進と大きな昇給があり、また、海外赴任が決まった親戚の高級マンションにただ同然で住むことになって、都内一等地での生活を始めたばかりだった。 新しく巨乳の彼女もできたところで、ラブラブの状態だった。 その彼女が初めて私のその目黒のマンションに泊まりに来て、土日を一緒に過ごした、その翌々日のこと。
飲み会で遅くなり目黒駅に降りたのは12時を過ぎていた。 私は駅のトイレで小用を済ませ、改札を出て3分ほど歩いたところの大きな交差点にあるコンビニに立ち寄った。 タバコを買うためである。 そのコンビニに入る前少し手前の位置から、その少女の存在に気づいていた。 彼女は入口の外側にじっと立っていた。 私が入口の扉をくぐる時にはっきりと目と目が会った。 黒目の輝きが印象的な美少女だ。 私が人生の高潮期にいたからなのか、私は自分でそれと意識することもなく、十分に魅力的に映る笑顔を作っていたのだった。 彼女の緊張していた頬が自然にほころび、目にも笑顔が浸食を始めた。 ほんの数秒、私たちは見つめあったのだろう。
私は店内に入り予定通りレジでタバコを求めた。 入口に目を向けると、彼女は同じ位置に立ってこちらを見つめていた。 私の心は騒ぎ始めた。 男とは何と身勝手な生き物なのか。 出来立てラブラブののセクシーな彼女がいるのに、その少女とのセックスを夢想していた。 しかし、わたしから声を掛けることはできなかった。

「お・じ・さ・ん」という一音づつ発する言葉が通り過ぎる私の背中に投げかけられた。 私たちはコンビニ横の深夜喫茶に場所を移した。 その当時「神待ち」と言う言葉はなったと思うが、彼女が私に語ったことは、まさにその「神待ち」のシチュエーションだった。 巨乳の彼女は仕事でその日から四日ほど東京を離れることになっている。 やはり、私はついてる、と思った。 もちろん、私は少女を泊めることにした。 彼女は高校2年で、近県の自宅からのいわばプチ家出のような状況だった。 頼りにしていた東京の友人の都合が悪くなった、というような事情。
もし、私が若くして子供を作っていれば自分の娘と言ってもいいような年頃の少女であったが、その夜、私はためらうことなく彼女を身体を抱いた。 私が彼女にとって神の立場であったのかどうか、わからないが、私は彼女の細くしなやかな肢体を抱きながら、こんな素晴らしい偶然を与えてくれた神様に心からの感謝を捧げていた。

This entry was posted in 男性の神待ち体験談. Bookmark the permalink.

Comments are closed.